3. 体育祭

②部活ごとにも

2016年04月22日 18時18分

 
体育祭ではクラスで対抗して何かを競う競技も多いのではないかと思いますが、
体育会系の部員がクラス対抗とは別で特別な競技を行うことも多いと思います。
その時にも、チームTシャツは大活躍するのではないでしょうか?
 
体育会系の部活動と聞くと、何部を思い出すでしょうか?
学校にもよりますが、陸上部やサッカー部、バスケ部や水泳部などなど、
その学校ごとに力を入れている部活動があるのではないかと思います。
 
例えば陸上部が単体で陸上に関する出し物をすることもあると思いますし、
サッカー部とバスケ部が対抗するレースなどをすることもあるのではないでしょうか?
普段から鍛えている体育会系の部員同士の対抗レースなどは、
やる方も見るほうも甲府運するのではないかと思います。
 
この時に、それぞれの部活のユニフォームを利用するのもよいかと思いますが、
部活ごとでチームTシャツを制作してそれぞれのクラブがわかりやすくするのもよいでしょう。
いつも着ているユニフォームとは異なり、
体育祭のために作った自分たちだけのTシャツになりますので、
見た目が華やかになるだけではなくモチベーションの向上にもつながります。
 
普段の部活動で行っているスポーツのルールと全く違ったルールを加えて行う競技は、
体育祭の醍醐味の1つと言えるのではないでしょうか?
普段と違うことをするわけですから、服装も普段と違った方が気持ちもよくなります。
ユニフォームを一新することによって、場を盛り上げようという気持ちがより大きくなります。
また、その時の部員の結束力はびっくりするほど固くなるのではないかと思います。
 
思春期の生徒は感受性が高いため、様々な事柄に影響を受けがちです。
衣装を変えるだけでも、気持ちががらりと変わる可能性が高いのです。
信頼できる仲間と同じ衣装をまとうわけですから、よりやる気が生まれやすくもなります。
 
例えば普段の部活の運動着やユニフォームに退屈さを感じている生徒であったとしても、
体育祭のための新しいユニフォームを作ることによって、
特別な日だから頑張ろう、という気持ちを作り出すことができるのです。
 
このように、チームTシャツを着るだけで、生徒の心に働きかけることができます。
競技は、生徒たちのやる気でその出来が左右されます。
生徒たちの心が行事に直接反映されますので、
より素晴らしい競技をするためにはモチベーションが欠かせません。
そのためにも、部活動にもチームTシャツの制作を取り入れてみるとよいかと思います。