3. 体育祭

③気持ちの切り替えに最適

2016年04月22日 18時19分

 
体育祭が好きで好きでたまらないという生徒も多いと思いますが、
逆にあまり体育祭に対して良い印象を持たない生徒もいます。
人によって体育祭に対する考え方は様々だと思いますが、
チームTシャツのデザインによっては、生徒のモチベーションを高めることができます。
実際に、同じTシャツを着用するだけでも団結力や結束力が高まりますので、
同じチームの一員なんだということを潜在的に感じることができるのです。
 
Tシャツにもさまざまなデザインがありますが、
市販のデザインに飽きているという生徒も少なくありません。
そんなときには、売られているTシャツとは全く違ったタイプのものを作ってみましょう。
オリジナルTシャツは自分たちで考え自分たちで作成することになりますので、
例え運動が苦手で体育祭に苦手意識を持っている生徒であっても、
Tシャツデザインの部分で大きく貢献できるかもしれません。
例え協議で足を引っ張ってしまったとしても、
Tシャツ作りを通してクラスの中心で活躍できる可能性があるのです。
 
運動が嫌いで普段から体を動かすことのない生徒であったとしても、
チームTシャツを作ることによってやる気を出させるという効果があるのです。
いつもと違う服装をするだけでモチベーションが高まるのですから、
オリジナルのTシャツをみんなで作ってみるのもよいのではないでしょうか?
 
生徒の中には、今の学校の制服にあこがれて入学を決意したという人もいるでしょう。
入学当初はかっこいい、またはまわいいと思っていた制服だと思いますが、
毎日着用することでそれが当たり前になりますので、今では何も感じていないはずです。
 
しかし、そこに全く違ったデザインのTシャツが含まれれば、
マンネリした学生生活に非日常的な気持ちが生まれることになります。
体育祭といういつもと全く違ったイベントで、
しかもいつもと同じ制服ではなくおしゃれなオリジナルTシャツを着用する、
さらに言えば、そのTシャツは自分たちが一生懸命作ったものである。
これだけで、体育祭の前から気持ちが昂ることは間違いないでしょう。
 
成人した大人からしてみると、このような刺激は些細なものなのかもしれません。
しかし多感な時期を生きる学生たちからしてみると、些細な違いが大きな刺激になるのです。
教師の目線から見ると、このモチベーションの作り方は軽視されがちです。
しかし、些細な出費と労力で体育祭という一大イベントに取り組むやる気が向上し、
クラス全体の団結力が高まることになりますので、
たかがTシャツだというように安易に考えることはできません。
 
体育祭は、生徒の保護者も観覧に来られることが多いのではないかと思います。
体育祭自体は生徒のものになるのではないかと思いますが、
保護者としてもわが子の晴れ舞台を写真に収めたいと思っている方が多いです。
晴れ舞台での思い出は一生忘れられないものとなりますし、
家族で写真を見返したりする時にも良い一枚になるはずです。
 
その写真を見た時に、普段と同じ体操着やユニフォームよりも、
クラスの仲間と制作したオリジナルTシャツのほうがその思い出が鮮明によみがえります。
 
保護者の視点から見ても、クラスの仲間と協力してTシャツを作ったんだ、
わが子もその楽しいクラスの一員なんだということがわかれば、
安心して学校に行かせられるのではないかと思います。
 
体育祭は、生徒ありきの生徒のためのものになります。
しかし、生徒だけではなく、同時に保護者にとっても特別な日なのです。
生徒のモチベーションを高めて体育祭の大成功を収めるためにも、
保護者が安心してわが子の学生生活を見守るためにも、
オリジナルTシャツを学校側で取り入れてみるというのは良い考えといえるでしょう。