3. 体育祭

②部活ごとにも

2016年04月22日 18時18分

体育祭は、文化祭とはまた違い体育会系の部員がクラス競技と別の協議を行うこともあります。
その時にも、チームTシャツは大いに役立つのです。
学校の部活動は、体育会系も多く陸上部、バスケ部、水泳部等多くの部活動に
力を入れているところも少なくはありません。

その部活特有の演舞を披露するところもあれば、部活対抗レースなどで面白さに走るなど競技は様々。
この時、部活ごとのチームTシャツを制作してそれぞれのクラブがわかりやすくなるように、
また見た目も華やかにすることができるのです。

もともと部によってユニフォームがある場合もありますが、特別仕様のユニフォームを用意して体育祭本番に臨むこともあります。
普段の部活動と全く違ったルールでスポーツをする機会は部活での競技でも同じことです。
普段とはまたちがったことをするにあたり、ユニフォームも一新することで生徒たちにもモチベーションが生まれ、
その時より強い結束力を生み出してくれるでしょう。

思春期の間は感受性が高く、その間色々な影響をすぐに受けます。
そのため、衣装1つ変わるだけで気持ちも切り替わりやすく、より一層気持ちにやる気が生まれやすいのです。
普段制服あるいは運動着のみに退屈さを感じていても、この日だけは違うユニフォームにすることで、
「今日は特別な日だ!頑張るぞ!」という気持ちにもなります。

このように、生徒の心に働きかけるのも、チームTシャツの役割です。
競技には生徒たちの心の様子が反映されます。より一層素晴らしい競技にするためにも、
部活動と同時にチームTシャツの制作を取り入れるのはいかがでしょうか。